差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

report:seminar_20190112 [2019/02/22]
admin 作成
report:seminar_20190112 [2019/02/22] (現在)
ライン 1: ライン 1:
-== 平成30年度 第4回情報処理学会東北支部研究会 ==+==== 平成30年度 第4回情報処理学会東北支部研究会 ====
  
  
ライン 19: ライン 19:
 (1-5) スマートメーター無線デバイスを用いたサービス適応型ルーティングプロトコルの提案\\ (1-5) スマートメーター無線デバイスを用いたサービス適応型ルーティングプロトコルの提案\\
 〇菅野 裕太, 上田 清志 (日本大学),  三好 匠  (芝浦工業大学) 〇菅野 裕太, 上田 清志 (日本大学),  三好 匠  (芝浦工業大学)
 +
 +
 +=== Session 2 14:30-15:50 Chair:関澤 俊弦; Professor Toshifusa Sekizawa (日本大学) ===
 +(2-1) {{:report:20190112-2-1.pdf|Mobile phone affordance controlling rigged extended reality scenes}}\\
 +モバイルフォンアフォーダンスによる拡張現実シーンの操作\\
 +〇Loick Walle; ロイク ワアル, Michael Cohen; 公園 マイケル (会津大学)\\
 +(2-2) {{:report:20190112-2-2.pdf|E・book authoring to support affective text analysis and semi-automatic selection of mood-compatible soundtracks}}; \\
 +感情的な文章分析と雰囲気に適したサウンドトラックの半自動選択をサポートする電子書籍作成ツール\\
 +〇Florian Debaene; フロリアン デバァエン, Michael Cohen; 公園 マイケル (会津大学)\\
 +(2-3) {{:report:20190112-2-3.pdf|SKP-based Recommendation of Learning Contents for C Programming Biginners}}\\
 +〇Sakura Ishimori, Yosuke Kurasawa, Kosei Sugasawa, Amigo He (会津大学)\\
 +(2-4) Location and Person recognition based on Sensor array\\
 +〇Kouske Iwasaki, Ryo Ota, Shoichi Ichimura, Qiangfu Zhao (会津大学)
  
 === Session 3 16:00-17:40 座長:黒川 弘国 (会津大学) === === Session 3 16:00-17:40 座長:黒川 弘国 (会津大学) ===
ライン 33: ライン 46:
 (3-5) 確率除去モデルを用いたモデル検査に基づく自己位置推定の地図設計に対する反例解析\\ (3-5) 確率除去モデルを用いたモデル検査に基づく自己位置推定の地図設計に対する反例解析\\
 〇渡邊 亮, 関澤 俊弦 (日本大学) 〇渡邊 亮, 関澤 俊弦 (日本大学)
- 
  
 研究会参加者 26名\\ 研究会参加者 26名\\
 懇親会参加者 12名 懇親会参加者 12名
report/seminar_20190112.1550826308.txt.gz · 最終更新: 2019/02/22 by admin